はじめて

数日かけてちょこちょこと進めて、初めてかごを編んでみました。
(ブログ更新が遅くなってしまったので、7日にTwitterではup済みですが



もちろん作り方を見てだったけど、まぁ、へたっぴ(*_*)

でも楽しかったです(^^)

次回挑戦するときは、初めての教訓を生かしてもっと上手に作れますように!

この間、Twitterで「小商病」という言葉が使われていて(この言葉はツイートされた方の造語だそうです)、「小商い」という言葉を初めて目にしました。

読んだ字の通り、“小さい商い”という意味だろうとは思いましたが、気になったのでネットで検索

そうすると、辞書的な意味では小規模な商いでしたが、検索結果の最初に大きく出ていた「小商い」の意味に驚きました。

なぜかというと、
『儲けることが第一の目的でなく、「やりたいこと」「責任のとれること」「嫌な気分にならないこと」を自分の手や目の届く範囲で、細かなコミュニケーションをしながら仕事をしていくやり方』
という内容が書かれていて、これってまさに私が考えていたことそのもの!と思ったからです。

とは言っても、これは自分の働く環境として求めることなので、これが私の思いすべてというわけではなくて、一部分なんですけどね。

この考え方ってつまり、無理をしない、自分の心に嘘をつかないということ。

先日のブログに書きましたが、この心掛けは去年自分で感じて決めたもの。

でも自分で雑貨屋さんをやりたいと思ったのが、4年前かな?

結局その頃から、無意識に、自分が自分らしくいる為の在り方を見つけてたんだなぁ、としみじみしました。

私が魅力を感じるのは、会社員でも大商いでもなく、「小商い」なんだと、改めて心に刻まれた初めての言葉でした。
スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?